Dobazou


すいどーばた美術学院映像科

Dobazou


すいどーばた美術学院映像科

Dobazou


すいどーばた美術学院映像科

Dobazou


すいどーばた美術学院映像科

Dobazou


すいどーばた美術学院映像科

ABOUT

武蔵野美術大学 映像学科/情報デザイン学科、日本大学芸術学部 映画学科/写真学科/放送学科、
東京造形大学 映画映像/アニメーション/写真/メディアデザイン専攻など、映像関連学科の受験対策を行なっています。
入試対策を通じて映像作家の基礎となる力を養うことを目的とし、映像実習や作品研究、写真ワークショップや上映イベントなど実践的なカリキュラムを織り交ぜ、様々な方面で活動する講師陣の指導によってより高いレベルを目指します。

NEWS

2019.04.14

写真ワークショップ – 写真を表現ツールとして使おう

カメラを用い、個人の視点によって時間や空間を切り取り、編集し、作品とする。
これが写真作品の基本的な成り立ちです。

写真ワークショップでは、写真を自身の表現のためのツールとして使いこなすことを目的に、様々な写真作品に触れ、カメラの構造を学び、実際の撮影、編集を経て、セルフパブリッシング (自主的に作品集を作ること) を行います。


ゲスト講師として精力的に写真作品の発表を続ける清水裕貴氏を招き、自身の活動の紹介や作品についてのレクチャー、講評を行って頂きます。


事前の知識や経験は不問です。作家として活動している方、これから活動を始める学生、
写真集を作ってみたい高校生など、みなさまふるってご参加ください。

※このワークショップはすいどーばた美術学院映像科・先端芸術表現科の科合同カリキュラムですが、他科の内部生、一般の高校生、学生、社会人の方も受講可能なオープン・カリキュラムとして行います。

GALLERY,CURRICULM

GALLERY

CURRICULM

金土日コース

金曜、土曜 17:30-20:30 日曜 9:30-16:30

映像科のベーシックなコースです。
実技対策、映像実習、作品研究など様々な体験を通じて映像についての理解を深め、自身の方向性について掘り下げていくことで入試対策を行います。

オンライン通信コース / 郵送通信コース

遠方在住などの理由により金土日コースに通学できない生徒のためのコースです。
基本的にひと月に4つの課題を出題し、Eメールまたは郵送によって送付した作品に対し添削した後返送するスタイルです。
レベルや志望校に応じて個別にカリキュラムを設定します。

ACCESS



171-0021 東京都豊島区西池袋4-2-15
03 3971 1641
suidobata@suidobata.ac.jp
窓口 月-土 9:00-18:30 日 9:00-17:00

CONTACT